電話をする問い合わせ

お見合い確率を上げる方法

貴方が希望のお相手とお見合いできないのは、
やり方が間違っているからです。

マッチングアプリや結婚相談所で活動をしている
貴方の婚活進捗状況はいかがですか?
順調に出会えて、多数のかたとお話ができていますか?

もし

『上手くいかない』

『思うように進まない』

と感じているのであれば、
以下の方法で、劇的に改善できると思いますよ。

当結婚相談所の加盟するIBJでも20件のお申し込みで1件程度の
お見合い制約率となっています。

これは、実際にお会いする前に、マッチングするかどうかの問題です。
このマッチング率を上げる、(選んでもらう)にはどうすればいいのか?

マッチングアプリ等と結婚相談所等では少し違うところがありますが(加入している人の目的が違っている場合があるため)
ほぼ同じ要因によると思います。

貴方はお相手を選ぶ場合に何に基づいて選んでいますか?
それは、写真とプロフィールですよね。

それは当然お相手も同じで、その少ない情報から選んでいるわけです。
となれば、必然的にお相手から選ばれる写真、選ばれるプロフィールを作成する必要があるわけです。

ここの重要性を分かっていないと、スタートでつまづいてしまいます。
『ありのままの自分を見てほしい!』とか
『自分を偽るのは嫌だ』とか
『そんなことをしてまで..』なんていっていてはお見合いまでもたどり着けません。
今まで、素の自分で良い出会いがなかったわけですからここは素直にカウンセラーの言うことを聞いて行動することが重要です。

なにも貴方の人格を変えろといっているのではありません。
出会えなければ、スタートラインにもたてないのです。
本当の貴方を知ってもらうのは、お会いしてからでも決して遅くはありません。

1:プロフィール写真
間違っても、友達と行った旅行の写真とか自宅で写メした写真とか使っては行けません。
ここはやはり、プロに貴方の魅力を最大限引き出してもらったポートレイトを使用します。
やはり、プロは違います。
人物の見せ方を知っています。
そうでなければ、貴方の写真はその他大勢のなかに埋もれて
見てもらうこともできなくなってしまいます。

男性であれば、スーツ姿が代表的です。最近は少しカジュアルに振ったジャケットとパンツも増えてきています。
これは、スーツ全盛のなかで目立つことができますから。
いずれにしても、仕事に毎日着ていてよれよれになっているようなものは逆効果です。
最大限の効果を発揮するように新しいものを用意しましょう。
昔から、アメリカのFBIはどんな田舎の職員も通常の警察官が制服を着ているなかスーツを着用していました。
これは、初対面でも信頼を得るために決められていたそうです。
いずれにしても、清潔感と誠実さを感じられる服装を心がけることが必要です。

女性の場合年代によって差はありますが
基本は『フワッとした、女性らしさ』
スタイルで言うと、Aラインスカートにパステルのトップスです。
ほとんどの男性が結婚相手に『優しさ』『明るさ』『女性としての魅力』を望んでいます。
自分のファッションの好みは別として、お相手の望むところを的確に表現する必要があります。

2:プロフィール

職業や、年齢などは査証しては行けません。
これはすべての基本です。
勘違いしてはいけないのは、個人プロフィールです。
この書き方ひとつで、貴方の評価は全然違ってきます。
ここは、貴方を理解してもらうと共に貴方がお相手に何を提供できるかをアピールする重要な項目なのでっす。
お相手は、見た目の印象と(写真)プロフィールしか貴方を知るすべがありません。
貴方に興味を持ってもらえるように最大限書き込みましょう

ある女性会員様は薄いピンクのブラウスをオレンジのワンピースに変えただけで、お申し込みの男性層がガラッと変わったといいます。

決しておろそかにしては行けませんね。
そして、反応を見ながら必要ならば見直して行きましょう。

ここで重要なのは、決して自分一人で決めないことです。
自分一人で独善的に決めては判断ができません。
必ず第三者の意見を参考にすることが必要です。

いかがですか?
これはあくまで、出会うまでの最初の段階でのテクニックです。
ここから先はどちらかと言えば貴方本人の人柄が試されるわけですが、最初のステップを越えなければその先につながりません。

カウンセラーと二人三脚で素敵な貴方を演出することが重要です。

一緒に素敵なお相手を探してゆきましょう!